IMG_0965_edited.jpg
アカデミーが目指す学力観と教育理念
​アカデミーでは、点数を伸ばし、受験合格を目指すと同時に、社会に出ても通用する学びができるようになっています。
受験制度も変わる中で、暗記をし、テストで高得点を取るだけでは不十分です。受験を突破するための実力養成と同時に、これからの時代を生きる子どもたちが必要な力も身にきます。
アカデミーカリキュラム
小学・中学・高校カリキュラム
受験に対応した学力教育
​効率を高めた学習環境
小学・中学カリキュラム
コミュニケーション教育
​主体性教育
小学・中学カリキュラム
コース制でより深い学び
​キャリア教育
小学・中学カリキュラム
仕事体験 (課外授業)
​特別授業
身に付ける10のチカラ
⚪️ 学力
   志望校に合格する学力と内申点
⚪️ 挑戦力
   目の前の困難に負けず、より高みを目指していく
⚪️ 実践力
   決めたことを、実際に行動に移す力
⚪️ 解決
   自分自身で物事を解決する力
⚪️ 思考力
   自分自身で物事を考える力
⚪️ コミュニケーション力
   自分の考えを相手に伝え、他と認め合う
⚪️ 協同力
   仲間とともに成し遂げる力
⚪️ 創造力
   ないものをカタチにしていく力
⚪️ 表現力
   自分の想いをカタチにしていく力
⚪️ 貢献力
   自分の力を、他者のために活かす
アカデミーの "その先と今カリキュラム"
⚪️ 進学先の、そのまた先を考える
⚪️ ​仕事を考えるきっかけ
⚪️ 進学後の学びを先取りする
⚪️ ​夢をもっと現実的に考える
⚪️ テストの点数アップのための学習
⚪️ ​志望校合格のための受験対策
⚪️ 根っこの部分の成長
⚪️ モチベーションの維持
⚪️ ​人間形成の学び
ほめ言葉シャワー
​成長ノート
イイトコドリ学習
​iPad活用学習
教科を超えた専門的学習
社会勉強
志望校合格
自立・自律
教育目標
受験目標
⚪️ 面接で通用するプラス学習
⚪️ ​受験勉強のモチベーション
⚪️ やるべきことを確実にやり遂げる
⚪️ ​丁寧に学び、素直に受け止める
⚪️ 学び合いの学習
⚪️ ​自主的な学び
⚪️ 面接で通用する幅広い経験
進学の目的・仕事観
💡 進学する理由・価値を自分で見出し、力をつけ、挑戦していくサイクル。
⚪️ 志望校に合格し、次のステージをつかむための学力サポート。

 一般的な学習塾は、点数アップのための学力の分野をサポートしています。かつてはアカデミーも「ファイブスター学習塾」として、学習塾専門のサポートからスタートしました。

 しかし、進学の意義を自分で見出してないと、やらされる勉強ではどんどん疲れていきます。そんな状況で点数が上がるはずがなく、塾に行っても点数が上がらない自分を否定したり、残念ながら親子の衝突にも繋がっています。一方で、反抗もすることなく学習している生徒も、進学してからのことを考えていなければ、教科学習の必要性がなくなった時に、目指すものがなくなるリスクがあります。

 


⚪️ 人としての根っこの部分の成長が、学力だけでなくあらゆる向上を引き出す。

 これまで培ってきた学力の分野からのサポートに加え、なるべく早い段階から自己肯定感を高めたり、主体的な学びができる姿勢を確立させることが、ほめ言葉シャワーや成長ノートの取り組みです。さらに、担任講師や指導担当講師との関わり・声かけが大変重要だと考えています。『コミュニケーション・主体性教育』では、自ら考えることを大切にし、先生だけでなく友達と伝え合うことで、自分に自信を持ち、目標に向かって進んでいく根気強さを身に付けることを目指します。その中で、望ましい学習姿勢・学習習慣を身に付け、それが学力の土台になって行きます。
 5教科の学習は、内申点を上げる定期テストに始まり、志望校に合格するために大切で、これが土台になります。これは必ず身につけておくべき力です。しかし、社会に出たときを考えると、これだけでは不十分です。学習塾は、「受験はゴールではない」と言いながらも、環境そのものがゴールとなってしまっているのです。

 
⚪️ 将来の「夢」や「目標」を持つことが、いまを努力する原動力に。

 コース制・キャリア教育のカリキュラムでは、これまでは進学後に初めて学ぶことが多かったと思いますが、アカデミーではより専門的な内容を、進学前に学べます(コース選択は、希望者)。5教科の土台の上に、専門的に学ぶことは、先取りして学べるメリットもありますが、本当に自分はその進路でいいかという、自分の適性を確認する意味合いもあります。知らなかった分野を知るきっかけにして頂いてもOKです。本当に好きなことが見つかれば、「そうしても○○大学・○○高校に進学したい」という強い気持ちが芽生え、日々の学習がやらされるものではなくなります。
⚪️ 単なる進学指導を超え、社会に出て、世のため人のために活躍する人間を輩出。
          のカリキュラムは、すべてアカデミーの中で行われる学びです。「社会に出て活躍する人間になってほしい」と願うアカデミーの教育理念では、ぜひ「外」へも学びを拡げて欲しいと思っています。社会と関わることで、客観的に自分を見ることができます。他人軸で考え、自分が学んだことを活かすことで、感謝の言葉をもらえるかもしれません。
 
 特別授業では、各界で活躍している先輩方が登場します。一流の人と話すことで、「もっと頑張らねば」という原動力にもなります。進学することの意義が見つかりそれに向かって日々の学習を頑張りそれをきっちりと日々こなしてく            のカリキュラムは、全てが相互に「その先」に繋がって行きます。そこから逆算すると、必ず勉強する意義が見つかります。
⚪️ 子どもたちが、自分のチカラで未来を切り拓いていける本物の教育を。
 その先は、なかなか私たち大人が示すことはできない領域です。これは、子どもたち一人ひとりが見つけていく他にありません。これが見つかることで、下へ下へと逆算して行けば、いまの教科学習がとても意味を持つことに気付いてくれると思いますが、学習塾としての学習サポートだけでは、「受験がゴール」となってしまっているのです。
 
 その中で、自分の目標を叶えたい!と強く思えたときに、               が一気に繋がります。そのようなカリキュラムが、アカデミーの教育理念であり「放課革命」と呼ばれています。
 
                と逆に考えても、学習だけにとどまらない、根っこの部分のカリキュラムが点数アップには必要不可欠だと考え、アカデミーではこのような包括的なカリキュラムで日々進めています。
小学部が目指す3つの成長の柱
小学生がアカデミーに通う目的は多岐に渡っています。

多様な目的の中で、入試制度改革により求められるものにも対応した、
将来の受験に通用するカリキュラムが、全クラスで用意されています。
中学生になってからの定期テスト・受験対策の土台に
思考力・伝える力
受験に繋がる学力
自分らしさの追求
コミュニケーション
確かな学力
幅広い学び
・ほめ言葉シャワー
・成長ノート
・課外授業
・​生活指導(学童)
・国語クラス
・算数クラス
・​英語クラス
・​各種検定教室
・​宿題指導(学童)
・硬筆教室
・書道教室
・​英会話教室
・ロボット教室
・​ピアノ教室
​・家づくり教室
中学部が目指す3つの成長の柱
中学生がアカデミーに通う目的は、
定期テストの点数アップと、受験生は、志望校に合格することです。

点数を上げていき、志望校に合格できる学力を付けると同時に、
高校に進学した先のことを考え、進路を決められるような環境です。
自分の目標を自分の言葉で語れる力を身に付け、
志望校に合格できる学力を身につける
面接で伝える力
志望校に合格できる学力
具体的な将来の夢
コミュニケーション
確かな学力
幅広い学び
・成長ノート
・課外授業
・​担任と各講師のチーム制
・進学クラス
・総合進学クラス
​・スタンダードクラス
・​各種検定取得
・​グローバルコース
・ロボットコース
・サイエンスコース
・保育教育系コース